2016年10月8日 (土) 9日 (日)
静岡県 富士宮市 朝霧アリーナ

Photo Gallery

2016年
10月8日 (土) 9日 (日)
静岡県 富士宮市 朝霧アリーナ

富士山から昇ってくる朝いちばんの光を浴びて、
朝霧JAMの一日が始まる
仲間たちとともに笑い、遊び、過ごし、
童心にかえることができるつかの間
音楽に誘われるようにステージ前にやってくると、
自然と笑みがこぼれてくるのはなぜなんだろう
大人も子供もワンちゃんも、青空広がる芝生の上で、
自由な時を過ごす楽しみ
さわやかな高原の風とともに運ばれてきたビートに、
身と心をゆだねる幸せな時間
今、この瞬間、この仲間たちと、この場所で出会えた奇跡に感謝。
フジサンありがとう!!
自然と音楽と人間が織りなすピースフルな空間、
そこには富士山に抱かれた1万人の笑顔が暮らす
月明かりを受けて輝く富士山の
深く大きな懐に抱かれて、踊り、酔いしれ、眠る夜。
朝寝坊がゆるされるフェスティバルも、この日は違う。
誰もが寝袋から抜け出し、日本一の朝日を待ちわびる。
添加物、不純物、一切なし。
音楽と自然と人が生み出す最高級の三重奏。
期間限定1泊2日、富士山の麓に
自由でインデペンデントなコミュニティが誕生する。
大地を背に、空を頭上に。
ただそれだけで感じる大きなシアワセ。
どんな演出もここではかなわない。
刻々と表情を変える空と山との名ライブ。
炎と音が溶け合う朝霧JAMの夜更け。
言葉のいらない、ぬくもりのひととき。
仲間にも一度見せてあげたいと思う。
こんな気持ちのいい朝霧の一日を。
仕事も悩みも面倒も、すべて街に残して。
リスト最初の持ちものは、なにより“楽しむ心”。
朝霧JAMの我が家となるテントサイトは、
ステージをのぞむ最高のロケーション。
裸足で、あぐらをかいて、のびのびと。
芝生のうえで休日を過ごすなんて最近ないよね。
ダンスシーンで昇華するのは、
朝霧の秋風にのる最高のグルーブ。
富士山にむけて解き放とう!
奥底から湧き上がる、抑え切れない高揚感を。
離れた丘の上から名アクトを楽しむ。
ゆるりと流れる朝霧JAM特有の空気感。
朝霧JAMは、朝になると
富士山の向こうから奇跡がやってくる。
足元から心地よく伝わる
地球の力強いエネルギーを感じて。
切り株を踏みしめ、大地を蹴って。
かわいい声が響くリズミカルなフェスティバル。
素直に、自由に、感じるままに。
フェスティバルを楽しむ心、子どもたちに教わってみる。
気がつけばピースサインを掲げていた。
心震わすライブに理屈はあとからついてくる。
見晴らし良好、隣人はピースフル。
朝霧JAMの物件は、最高の条件ばかり。
去年も今年も、そしてきっと来年もありがとう。
私たちの2日間を見守る新世界遺産に感謝。

2016年10月8日 (土) 9日 (日) 静岡県 富士宮市 朝霧アリーナ

朝霧JAMとは

  • 富士山に初冠雪が降り、夕暮れ時には美しい「赤富士」が観られる時期に、富士山という素晴らしい山、そして酪農家の皆さんが築いた美しい緑の朝霧高原に敬意を払いながら、太陽と月の軌道に音楽を載せ、皆で楽しく飲んで踊って遊べるフェスティバル。
    朝霧JAMは、ジャムバンドのJAMではなく、ジャンルレスに様々なミュージシャンが集い皆で楽しむ意味を込めたタイトルです。

    オールナイトで夜通し音楽を楽しむのではなく、CAMP INの名の通り、皆がキャンプをしながら音楽を楽しむ、それが『It's a beautiful day 〜Camp in 朝霧Jam』です。

朝霧JAMS'とは?

  • 主に朝霧JAMのボランティアスタッフ募集・運営、前夜祭・後夜祭の運営など、朝霧JAMを可能な限りサポートし、地元サイドから盛り上げ、朝霧JAM実現のために活動を行う、朝霧JAM実行委員会内の有志ボランティアスタッフ達の愛称が「アサギリジャムズ」です。
    フジロック会場内「AVALON FIELD」の朝霧食堂も朝霧JAMS'が運営しています。
  • 朝霧JAMS' HP » http://asagirijams.info/
    朝霧JAM実行委員会が運営する公式応援サイト。
    地元情報、ボランティア募集情報、過去の開催写真、大将インタビューなど役立ち情報満載。
INFORMATION

ステージ

  • 色とりどりのテントがすり鉢状に取り囲むメインステージ「RAINBOW STAGE」と、芝生の上のダンスフロアになるセカンドステージ「MOONSHINE STAGE」の2ステージから構成。
    ジャンルを超えたラインナップはまさにジャムたるゆえんでもあり、コアなファンも納得のタイムテーブル。過去には、STRING CHEESE INCIDENTやMOGWAI、JACK JOHNSON、G.LOVE & SPECIAL SAUCE、THE CHEMICAL BROTHERS、ハナレグミ、SOIL&"PIMP"SESSIONSなどなど……多彩な顔ぶれのアーティストが登場しています。
    タイムテーブルもゆるりと組まれているので、朝のひとときや、夜のキャンプをゆっくりと楽しめるプログラムになっています。
ARTIST

キャンプのススメ

  • 日本有数の面積を誇るキャンプ場「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」、日本で初めてボーイスカウトの世界ジャンボリーが開催された「朝霧アリーナ」が、朝霧JAMの会場です。
    毎年、その広大なフィールドでほぼ100%の方々がキャンプインし、1泊2日でフェスティバルをじっくり楽しむのが朝霧JAMのスタイル。
    キャンプサイトは、音楽を目の前で楽しめるメインステージ前と、会場奥の区画整理された快適で自然豊かなエリアの2種類。快適なキャンプが心地よいあまり、ついライブをパスしてしまった……なんて声も聞こえてくるほど。
    また、オーバーナイトで2日目もキャンプ出来る「オーバーナイトキャンピング」や「オートキャンプ」もご用意、ライブ後の余韻にひたりながらゆっくりと帰ることもできます。特に雄大な富士山が臨める「ふもとっぱら」でのオートキャンプは年々人気が高まっています。
CAMP

ファシリティ

  • ファミリー&キッズ
    青空のもと、雄大な富士山を眺めながら、子どもたちとのんびりキャンプを楽しめるのも朝霧の魅力。「KIDS LAND」や「ワークショップ」など、大自然の中家族みんなで参加出来るファシリティも充実。小学生以下のお子様は保護者の同伴に限り入場無料です。
  • ペットも一緒に
    お子様だけでなく、広大な敷地で思い切り遊べるのはペットにもうれしい環境。
    各注意点やマナーをお守りいただき他のお客様へ迷惑がかからない場合、朝霧ジャムはペットも一緒にご参加いただけます。
  • アクセス
    会場である朝霧高原は、富士山西麓の標高900メートルに位置するため、公共の交通機関で来場いただくことが出来ません。
    お車でのご来場の他、各都市からの直行バスツアーや新幹線「新富士駅」からのアクセスバスの運行があります。
    直行バスご利用の方は、専用の宅配便サービスもご利用いただけます。キャンプ道具などかさばる荷物を送れば、後はのんびりバスにゆられて会場内まで直行です。
INFORMATION

MORE FUN

  • 朝霧ジャムは、世界文化遺産「富士山」西麓の標高900mに位置する朝霧高原が会場です。雄大な富士山を見上げながら、澄みわたる秋晴れの広い空のもと、心と体が解放される瞬間。
    みなさんのステージは、この大自然です。とくにこの季節、ちょうど富士山の頂から朝日が昇る「ダイヤモンド富士」や、夕方、西日が当たると富士山が赤く染まる「赤富士」、さらには、頂上付近に冠雪があると、白銀に輝く神々しい富士山など、すばらしい景色との出会いも楽しみのひとつ。
MORE FUN