Räfven

レーヴェン (スウェーデン)

MEMBER

ヨナス・ルンドバリ(ギター)、ローク・ニーバリ(ヴァイオリン)、マーティン・ヌルミ(サックス)、ダニエル・ウェイディン(タンブラ)、ヨハン・ダールクヴィスト(アコーディオン)、デイヴィッド・フレンケル(トロンボーン)、ラスマス・ブランク(ダブルベース)、パー・スヴェンナー(パーカッション)

PROFILE

03年にスウェーデンのヨーテボリの路上で結成されたジプシーパンク・バンド。
ブラス、アコーディオン、ヴァイオリン等を含むさまざまな民族楽器をパブで、クラブで、公園で、海岸で、サーカス等々そこら中で派手に鳴らすライブが話題となり、グラストンバレーを始めとするヨーロッパ中のフェスティヴァル出演へと活動を広げた。フジロック’09にて初来日&日本盤デビューを飾る。当時、日本では全くの無名のレーヴェンだったが、毎日朝から晩まで、多くのステージに出没しては演奏を繰り返し、ステージを重ねるごとに多くのファンを集めていった。その盛り上がりは最終ステージでは入場規制がかかり、会場内でのアルバム売上記録も塗り替えるほどまで膨れ上がった。その売り上げ記録は‘15年の時点まで誰にも破られていなかったが、5枚目のアルバム「よみがえれ!キツネザウルス」と共に再度フジロックに出演し、フジロックで2番目に大きいホワイトステージを満員にし、自身の手で記録を更新すると来日前に宣言した通り有言実行してみせた。そして勢いに乗って同年10月に朝霧ジャム出演を含むジャパンツアーも大成功させた。
2018年、3年ぶり6枚目となるレーヴェン史上最も激しく、ワイルドで、最高に踊れる待望の最新アルバム「15(フィフティーン)」(7/18日本超先行発売)と共に再び来日する事が決定

LINKS

http://www.rafven.com
http://www.uncleowenmusic.com