THE CHINA WIFE MOTORS

(日)

MEMBER

TSUNEHIKO KAJITA - VOCAL&GUITAR

MASAKI NODA - BASS&EAT

TOYOAKI NAGAI - DRUMS&CHO

PROFILE

衝撃のライブパフォーマンスと爆音ギター、光と闇が交差する日本的メロディー、感情的なリズムとどこか切なくどこか優しい歌詞は全国各地でもジャンルの壁を越え高い評価を受け、見た目も然ることながら全国にその存在感をしめしている。
ジャンルにとらわれない彼らの姿勢は瞬く間に広まり、Ken Yokoama,dustbox,locofrank,GOOD4NOTHINGなどのメロディックバンドのツアーサポート。日本のロックンロールの代表格、ギターウルフ、THE COLLECTORS、ザ・マックショウなどとの共演。
また海外バンドのジャパンツアーサポートなど幅広く評価を得ている。(以下参考)
定期的に行っているアメリカツアーでは賞賛を浴び、1stフルアルバムがSMELVIS RECORDSより発売され、2011年にはLEFT ALONE(hellcat records)とのスプリットレコードがアメリカで発売されている。
2012年、4年ぶりに発売された2ndフルアルバムのリリースツアーを全国80本、アメリカで10本のツアーを行いライブバンドとして高く評価されている。
そして2013年3月、地元堺にに恩返しをしたいという想いから盟友GOOD4NOTHINGと共に堺は泉が丘ビッグアイにて大型フェス=SAKAI MEETING=を開催。
全国から40組のアーティストを招聘し、3000人の動員を記録。
「地元密着のこれまでにないフェスが誕生した」と称賛を浴びた。

SAKAI MEETINGは2013年、2014年、2015年も大成功に終わり2016年、2017年に満を持して野外で開催。
5000人を動員するまでになった。

2015年には1st ミニアルバム、3rdフルアルバムをリリース。
アメリカのパンクの重鎮RANCIDのトリビュートへの参加、スカパンク界の重鎮VOODOO GLOW SKULLSとのスプリットツアーをアメリカで二週間行った。
2016年、2017年も年間約100本のライブを行う。
どこまでもD.I.Y精神を貫く唯一無二のロックンロールバンドに世界が注目している。

LINKS

http://tcwm.jp/