MILK

(日)

MEMBER

松原正成 - Vocals、稲熊祥太 - Guiter、木村将人 - Bass、小嶋俊介 – Drums

PROFILE

名古屋Indie Pop(あえて言わせて下さい)界の超新星4ピース、全身全霊全速力の結晶がイマココ←に! 2010年結成当初5人で活動してた頃、「リズム隊が2人とも谷さん(Less Than TV)のHardcore Punk Pop!」だとか、「中京Hardcore Punk界に現れたパフィーだ!」と衝撃を受け、アレから2年4人編成となり、どこへ行ってもどこを見ても「MILK」の((four-letter word))を見ない日が無いと言うほどの活躍っぷりがこんなに早く来るとは思って無かったし、ましてや今回めでたく1st EPをリリースすることになるとは。 「デジタル・ネイティヴだからこそのクロスオーバーなんて絶対ねーよ!」って思ってた世代だって「なんだこりゃ!!」って思うだろうし、いわゆるEMO通 過のバカテク嗜好のハードリスナーだって「なんだこりゃ??」って思うだろう。ライヴじゃPAを通さない'50年代~'60年代のパーティバンドみたいな ことをやってる。Jackie & the Cedrics以外で日本でやってる人知らねーよ!Hardcoreの骨格とIndie Popの方法論、Garage Punkの熱量、どこをとってもすべてオリジネイターと互角、もしくはそれ以上に知ってか知らずかやってのけ、そこはかと漂う欺瞞と矜持のバランスたる や。ライヴでもお馴染みのナンバーを収録した現時点でのベスト的内容で、コンパクトに纏められ満ち引きを心得たセットリストのこの1st。ラストを飾るあ のOi! PunkからNew Waveへと華麗なる転身をやってのけてズッコケタ名バンドの名曲をカバー。もうね、ごめんなさい。音楽に対してこんなに愛情と腹黒さがたっぷんたっぷん のレコード久々なんで、素直にリリースインフォなんて書けない。こんなPure&Innocentっぷりとユナイト感出してくるヤツぁ、絶対に腹 黒いなんて思う人にも是非聴いてもらいたい。見て見ぬ振りしてたら本場アメリカのPOP MADに先こされるぞ!と本気で思うんです。

さ、分かり易く書いときますね。 ‘80年代後期のLookout~Recess辺りの飛び道具Pop Punk、Lo-Fiムーブメントと並走してた90年代初頭のIndie Pop~Homemade Pop、80年代~90年代の欧州直情型情報過多機材不足フォークロアだだ漏れHardcoreが好みの方ならもう間違いないです!