YONA YONA WEEKENDERS

ヨナヨナウィークエンダーズ (日)

PROFILE

“ツマミになるグッドミュージック” を奏でるメロコア・パンク出身の4人組バンド。
Vo. 磯野くんの表現力豊かな歌声と骨のあるバンドサウンド、長きにわたってアンダーグラウンドなシーンの最前線で活躍した彼らが作りだすステージは必見。
2018年9月、自主制作盤「誰もいない sea」を会場限定で発売、同月開催のリリースパーティーでは深夜イベントながら500杯近くの酒がでるという異例の事態に。
2019年11月に初の全国流通盤1st EP「夜とアルバム」リリース。12月に奇妙礼太郎を招いたリリースパーティを表参道WALL&WALLで開催しSOLD OUT。
2020年2月に、渋谷O-NEST LOUNGEにて、DÉ DÉ MOUSE、YonYon、松田chabe岳二らをDJに招いた深夜自主企画「BUREIKOcheers. 01」を開催、入場規制がかかる。
2020年4月、配信Single「遊泳」をリリース。コロナ渦の状況での音楽需要とも相まって、各種ラジオ番組パワープレイを獲得。
J-WAVE SAISON CARD TOKIO 100 では9位にチャートイン。
2020年6月、2nd EP「街を泳いで」をリリースし、「SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL」「BAYCAMP 10th anniversary "DOORS"」など各所フェスにも出演。
2020年10月、HONDA CARS TV CMに「君とdrive」がインディーズとしては異例の大抜擢。
2021年1月20日に3rd EP「唄が歩く時」をリリースし、表題曲「唄が歩く時」がJ-WAVE SAISON CARD TOKIO 100で2週連続7位、全国ラジオチャートではウィークリー7位を獲得。
2月19日、渋谷WWW でのリリースワンマンライブがSOLD OUT。翌月の3月6日にはオンライン上で追加公演を無料生配信を実施。
2021年4月7日(ヨナの日)にビクターエンターテインメント内スピードスターレコーズからMajor 1st Single「いい夢」をリリース。
2021年6月に2nd Single「Good bye」をリリース、8月11日には3rd Singleとして、荒井岳史(the band apart)を客演に迎えたバンド史上初となるコラボシングル「Night Rider feat. 荒井岳史(the band apart)」をリリース。
8月14日にはthe band apartを対バンに迎えた自主2マン企画「INGING TOKYO Vol.01」を開催しソールドアウト。
11月3日に1st Full Album「YONA YONA WEEKENDERS」のリリースを発表し初のワンマンツアーは追加公演を含め全公演ソールドアウト。
2022年は、bonobos・蔡忠浩とのコラボ楽曲「夜行性 feat. 蔡忠浩(bonobos)」、BEAMS名物バイヤー加藤忠幸氏がジャケットを手掛けた「1989’s」と話題のリリースを重ねる中、6月には自身最大規模の恵比寿・ LIQUIDROOMでのワンマンライブを完売。 当日、ドリンクを買うための「お酒休憩」を導入したこともあり、バーカウンターの売上はLIQUIDROOM通常時の15倍を記録した。

勢いそのままに、9/21に4th EP「嗜好性」をリリースし、11月からの全国ツアーも追加公演含め全公演SOLD OUTとなった。 同年12月リリースシングル「SUISUI」はテレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2」EDテーマに抜擢。 更にテレビ朝日「関ジャム完全燃SHOW」【プロが選ぶ2022年の年間マイベスト10曲】ではいしわたり淳治氏が第5位に選出。

2023年春には、クラムボンの原田郁子を迎えたfeat曲「眠らないでよ」をリリース、6月21日は5枚目となるEP「into the wind」をリリースし、キャリア初となるFUJI ROCK FESTIVAL2023への出演、そして8月に開催した全国ツアーを終えて、すぐにさらなる全国12都市、17公演のロングツアーを発表!

LINKS

https://www.yonayonaweekenders.com/
https://open.spotify.com/artist/6DvqAr90Cw6sbEt4Iu6KDR?si=sLSLqUU8RdmHjIAPoVpayw

GOODS&CD

GREEN on RED